「ハードウェア と AI で、世界を変える」・・・

海外展開にも挑戦する 日本のスタートアップ

私達、ドーナッツ ロボティクス社は、エンジニアとデザイナーが 立ち上げた スタートアップです。

2014年、福岡県 北九州市の ガレージで創業いたしました。  

 

「ハードウェアとAIの連携で世界を変える」「いくつかの社会問題を解決する」をテーマに 開発を続けてまいりました。  

2017年、羽田空港ロボットプロジェクトに採択​され、  

2020年、世界初の「スマートマスク」を発表。

ニューヨーク タイムス紙など、多くのメディアに取り上げられました。  

 

2022年には、 CES(世界家電見本市)へ出展し、海外展開も視野に入れています。 ​

少数のチームですが、皆様の お役に立てるよう精進いたします。 よろしく お願い致します。

a 2 7.jpg
( ロイター通信、フォーブスなどからの取材 )
メンバー のコピー.jpg
CES9.jpg
CES91.jpg

私達の ストーリー 「CES への挑戦」

長い間、私達が評価されることは ありませんでした。

 

創業 当初は、多くの企業から提携を断られ、「製作するプロダクトは、世界で普及できるものを・・」と表明すると「こんな少人数で何ができる?」と笑われていました。​ 

 

そんな時代を乗り越えようとする気持ち が、もしかすると「スマートマスク」の 反響を呼びこんでくれたのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私達は数年をかけ 少しずつ支援者を増やしました。そして 2020年、私達の物語は「ニューヨーク タイムズ」紙に掲載されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私達のプロダクトが、少しでも 世の中を便利に 楽しくできることを願っています。

そして、地方出身で、資本も小さく、たった3名だった日本のスタートアップでも 世界で闘っていけるところを お見せできれば・・と思います。(2022年、「CES」に単独ブースで出展いたします。)

 

デジタル・オンライン・AI などを扱う業種ですが「雑草魂」で頑張りますので、これからも 長い目で 見守っていただけますと幸いです。

                                donut robotics CEO  /  Taisuke Ono

sign.jpg
会社概要(ドラッグされました) 12.jpg
私達のプロダクト構想・・・2軸が共に重要。
事業概要(ドラッグされました) 8.jpg
( ニューヨーク タイムズ紙 に 掲載・2020年7月 )
1234456.jpg
( ニューズウィーク 世界版・2020年 9月 )
00009.jpg
STARTUP CITY誌・2021年4月 )

( フジ テレビ「めざましTV」キラビト コーナー 2020年 10月 )

( AFP通信社より 世界配信 )
( テレビ東京「チェンジ ザ ワールド」2020年 12月 )
( CNN より インタビュー )
( 日本テレビ「博士は今日も嫉妬する」)
​( 日本テレビ「Good for the Planet」)
スクリーンショット 2022-07-04 19.40.28.png
NY写真.jpg
ニューヨーク タイムズ」紙 インタビュー時に撮影​ )
oo.jpg

[ 社名とロゴについて ]

世界の ご家庭で愛されてきた 「ドーナッツ」は、宇宙の基本と言われるトーラス構造をしています。私達は、世の中の基本(インフラ)となるような事業で「ドーナッツように、ご家庭に小さな幸せを届けたい。」と考えます。

無限マークにも似た ロゴは、黄金比を基に、電波・水の波紋を イメージしてデザインされましたが、2つの重なったドーナッツにも見えることから、社名の由来となったと言われています。このロゴは、際限なく広がっていく ロボットの未来と「人とロボット」の つながりの「輪」も表現しています。

[​ 会社概要 ] 

​会社名 :  ドーナッツ ロボティクス株式会社

所在地  :   東京都港区虎ノ門1-17-1虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー15階

創業月  :   2014年12月

設立日  :   2016年1月4日

資本金  :   2億8669万5085円

事業内容:ロボット、スマートマスクの開発、販売

羽田99.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・