[ ​特許 申請中 ]
      リモート」と「対面」の間を埋めるコミュニケーション・デバイス  [ 特許申請中 ]
「C-FACE」は ロボット技術を応用して開発した、世界初の「スマートフォンと連携するスマート マスク」です。長きにわたり、人の健康を守ってきた「マスク」を 最新のテクノロジーで再定義しました。
離れた相手のスマートフォンに あなたの声を届けて、「声を文字にする」、「8カ国語 翻訳をする」、「議事録を作成する」を実現します。人と人が離れて暮らす社会で、何かの お役に立てれば幸いです。
 
現在は音と文字のみですが、今後は 画像系への発展(AR・VRなど)致します。オンライン化・デジタル化の急速に進む世界の、新しいコミュニケーション デバイスです。

C-FACE  プロモーション ビデオ ( 日本語版 )

[ 製品の特徴 ]

1.市販のマスクの上に取り付けます。

2.マスクをしたまま直線距離で10m離れた人にも声を届けられます。

  (相手のスマホがスピーカーになります) 医療従事者が患者と、より離れて診療が可能です。

3.大人数での会議では、マスクをしたまま喋って全員に声を届けられます。

  また、会議の議事録作成が可能です。

4.喋った言葉が、スマホ画面に文字として表示されます。

5.喋った言葉は​、世界最高レベルの翻訳が可能です。(8か国語 対応)

「C-FACE」は、5つの「C」をコンセプトに掲げ、開発を進めました。
         Clear voice,
         Connect with smartphone, 
         Cool design,
         Clean material,
         Combat with Coronavirus.
 ※ 価格は、3980円(税込4378円)ほどで、2021年1月 発売予定。
 ※ 翻訳機能や議事録機能は、月額使用料が かかります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・